加盟店募集案内

これから“ほっかほっか亭”を始めようとする皆さまへ

おいしく、あたたかいものを、いつでも好きな場所で食べられる。 そんな願いを、持ち帰りの温かいお弁当で提供してきたのが、わたしたち”ほっかほっか亭”です。
持ち帰り弁当のパイオニアとして、人間の基本的な営みの中で根源的な部分である”食”に取り組み、 新しいライフスタイルに合わせ、あるいは創造していくことで、世の中のニーズに応えていく。 食文化を通しての社会への貢献。それが、私たちの仕事です。

頑張れば頑張るほどに収益が上がる事業システムと、加盟するオーナーひとりひとりへの支援体制を、私たちはつくりあげてきました。
あなたも、ひとりの加盟店オーナーとして”食”に取り組んでみませんか?

毎日生まれる新しい食のニーズ、それに応えていくのが私たちの仕事です。

成功を支える3つのポリシー

おいしくて安全

ほっかほっか亭では、原材料を価格ではなく、まず新鮮さなどの質で決定します。 おいしさのためにはなによりも良い食品が必要だからです。
独自のルート、スケールメリットを活かして、良い食材をできるだけ低コストで仕入れます。
また、すぐに食べていただくものだからこそ、保存のための添加物をできるだけ減らした安全なお弁当を目指しています。 これがコンビニ弁当との大きな違いです。

あたたかく

スピーディーな調理で、あたたかいお弁当。ほっかほっか亭のマニュアル化された手際よい調理システムは、調理経験のない 方でも、1ヶ月の研修で簡単にマスターできます。

お手頃価格で

『このおいしさで、この値段は安い。』お客さまを引き付けるのはコストパフォーマンスの高さです。 ほっかほっか亭は、原材料にこだわっているから味には絶対の自信。お客さまのニーズを的確にとらえたマーケティング戦略で、 成功を確かなものにします。

明快な収益システム

販売に専念できる体制をつくっています

ほっかほっか亭本部と加盟店の間には、お金の流れをシンプルにし、ロスが軽減された、透明性の高い収益体制が確立 されていきます。
また、主要な原材料や販売促進の経費などが、全て本部との決済でまかなわれるため、オーナーが販売努力に専念できるよう になります。

食材 販促品 資材 加盟店 ロイヤリティー 商品代金 本部 収益のための 戦略・戦術

相互成長システム

新商品の開発から経営指導にいたる、ほっかほっか亭のノウハウをシステム化しています。
本部のスーパーバイザーが、加盟店のいろいろなご相談にお答えし、問題を解決します。

助言・指導・調整・情報 ほっかほっか亭加盟店 相談

商品開発 食材仕入 流通
消費動向、販売推移、有望商品を分析し、粗利益、売上予測を検討した上で新商品を開発します。 地元の味、鹿児島産の原材料はもとより、国内国外の安定した良い食材を調達します。 ほっかほっか亭のスケールメリットを活かし、食材の流通体制も自社で確率しています。
販促企画 経営指導
ほっかほっか亭のお弁当を、もっと魅力的なものにするためには、何が必要かを常に模索し、効果的な 企画で販売を支援します。 POSシステムによる販売データの分析により、店舗の営業状況を判断し、的確なアドバイスを提言します。

出店までのプロセス

開店までも、開店した後も、あなたを全力でバックアップします。

image

お問い合わせ・お申し込み

契約成立までに3回程度の面接を行い、お互いの理解を深めます。

image

契約成立

image

市場調査・物件調査

当社で出店条件に見合った土地・物件をピックアップし、調査します。 お手持ちの土地がある場合には、その土地が出店条件に合うかどうか検討させていただきます。

image

建設・設備の打合せ

店舗建築と設備、開店日までのスケジュールなどを打合せします。

image

外装・内装の着工 什器機器搬入・取付

内・外装工事および什器機器搬入・取付は、本部の指定業者が行ないます。

image

従業員の募集・採用

image

研修

充実したマニュアルに基づいて、1ヶ月の研修を実施します。未経験の方でも安心です。

image

店舗完成

工事着工から約3週間で店舗が完成します。

image

引渡し

あなたのほっかほっか亭OPEN!!

加盟条件の概要

1.契約要項

加盟費用 加盟料/100万円(税別)
保証料/250万円(契約期間終了時に返還)
月額費用 ロイヤリティー/8万円(税別)
広告宣伝費/2.5万円(税別)
販売促進費/税抜売上の1%(税別)

2.契約期間

開店日より5年間となります。
再契約期間は契約期間満了の翌日より3年間になります。
再契約料/15万円(税別)

3.初期投資

店舗設備・工事関係費用/1600万円〜1800万円程度
※建設協力金・敷金・前家賃・不動産手数料は別途
※この他に、運転資金として200万円〜300万円を準備されることをおすすめします。

このページの上へジャンプ